行政書士の年収はどのくらいが相場なのでしょうか?

行政書士という仕事があります。弁護士、社労士、会計士など、士のつく仕事はとかく高収入と言われていますが、その中でも行政書士の年収における位置づけはどのあたりになるのでしょうか?

実は行政書士の平均年収はそれほど高くないと一般的に言われています。
厚労省などが実際に統計したデータがあればよいのですが、行政書士についてはそれが存在しませんので、行政書士関係の職能団体のアンケート結果などを参考に見てみます。
すると、年収300万から600万というのが行政書士資格を持っている人の平均年収の大半を占めていることになります。

年収300万から600万というと、一般的なサラリーマン世帯の所得と同じです。
行政書士というのは簡単な試験ではありませんので、既に持っている人も、これから取ろうとしている人も、この結果にはやや意気消沈してしまうかもしれません。

しかしこの結果はあくまで平均ですので、そこだけを見て行政書士という資格に価値がないのではないかと考えるのは早計というものです。
行政書士にも色々な人がいます。もちろん1千万円以上稼いでいる方も大勢いますし、逆に資格を持っているだけで、行政書士に関する仕事には就かずに違う業種のサラリーマンをしている人もたくさんいます。行政書士試験の効力はただ持っているだけでは発揮されません。おおいに活用してこそ高い年収を生み出します。

資格を取った後で開業したり、転職したりして今後大きなチャンスを狙おうとしている人もいるでしょう。
行政書士資格は副業として生かすこともできます。取ったからすぐに高収入を得ることができて安心、と思わずに、今後のビジネスにおける自分の武器として活用しましょう。取って損のない資格です。