行政書士の年収はどのくらいが相場なのでしょうか?

行政書士という仕事があります。弁護士、社労士、会計士など、士のつく仕事はとかく高収入と言われていますが、その中でも行政書士の年収における位置づけはどのあたりになるのでしょうか?

実は行政書士の平均年収はそれほど高くないと一般的に言われています。
厚労省などが実際に統計したデータがあればよいのですが、行政書士についてはそれが存在しませんので、行政書士関係の職能団体のアンケート結果などを参考に見てみます。
すると、年収300万から600万というのが行政書士資格を持っている人の平均年収の大半を占めていることになります。

年収300万から600万というと、一般的なサラリーマン世帯の所得と同じです。
行政書士というのは簡単な試験ではありませんので、既に持っている人も、これから取ろうとしている人も、この結果にはやや意気消沈してしまうかもしれません。

しかしこの結果はあくまで平均ですので、そこだけを見て行政書士という資格に価値がないのではないかと考えるのは早計というものです。
行政書士にも色々な人がいます。もちろん1千万円以上稼いでいる方も大勢いますし、逆に資格を持っているだけで、行政書士に関する仕事には就かずに違う業種のサラリーマンをしている人もたくさんいます。行政書士試験の効力はただ持っているだけでは発揮されません。おおいに活用してこそ高い年収を生み出します。

資格を取った後で開業したり、転職したりして今後大きなチャンスを狙おうとしている人もいるでしょう。
行政書士資格は副業として生かすこともできます。取ったからすぐに高収入を得ることができて安心、と思わずに、今後のビジネスにおける自分の武器として活用しましょう。取って損のない資格です。

受験の前にもう一度、行政書士の仕事ってどんなもの?

行政書士という資格を持っていると、どんな仕事ができるのでしょうか。
初めて行政書士試験に取り組む人であれば、その業務内容は試験内容にも出てきますので簡単にでも最初に理解しておいた方が今後の勉強に役立ちます。

行政書士は、「書」という言葉が入っていることでも分かるように、最終的には文書を作成するための仕事になります。
昔は代書屋とも呼ばれていました。文書といっても手紙や本などの一般的な文書を代筆するわけではありません。行政に関わる文書、つまり法律に従って官公庁などへ手続きを行うための、公正証書等を作成する仕事になります。

法律に従い文書をつくるので、当然法律を知っていなければなりません。
そこで大切になってくるのが行政法です。法律にあまりなじみのない方では、「行政」という言葉にもあまり聞き覚えがないと思われますが、「行政」とはお役所、つまり市役所、県庁、国家などのことを指します。

身近なところでは確定申告の文書作成代行や、遺言状の作成などを行うことができます。
相続など生活の中で起きてくる問題はたくさんありますので、行政書士の資格を持っているということは仕事に有利なだけでなく、自分を守るための知識にもなるでしょう。
このような理由から、行政書士の資格は時代を問わずに人気があります。

行政書士試験を受けるために勉強をするときは、「行政法」と呼ばれる法律を中心に学習していくことになります。行政には「行政罰」や「行政不服申し立て」など、私たちの知らない手段を経て申し入れをする必要があるのです。
行政書士はそういった方法を学び、実践することができるのです。

難しいと言われる行政書士試験、独学でも合格できる?

行政書士試験は毎年11月に行われる国家試験です。
この資格は比較的難易度の高い試験と言われていますがその反面、通信講座や独学などでも合格できるとされており、どの程度の難易度なのかが大変微妙な試験です。
行政書士試験を目指す人は、大学受験に挑む学生のようにその年の全てを捧げて試験に挑戦するような環境は少なく、サラリーマンやOLなど、今現在仕事を持っている人が挑むケースが多いようです。

ということは、行政書士試験は学校へは行かず、独学で勉強している人も多いということでしょうか?

イエスかノーかで答えるのであれば、この回答は「イエス」です。
行政書士試験は独学で合格した人も大勢います。その実績があるからこそ、書店には独学で合格できるための参考書がたくさん置いてありますし、通信講座にも行政書士試験が登場するのです。

ではどのくらいの期間をもって合格できるものなのでしょうか?
独学で試験を受けた人の声を聞くと、とても早い人で34~6ヶ月、長い人で2~3年と、大変幅が広いことがわかってきます。
これはひとえに勉強時間がどれだけ取れるかということと、効率のよい勉強方法を採択できたかどうかの差によるものです。

1日中行政書士試験の勉強ができる環境にいる人ならば、確かに数ヶ月での合格も可能かもしれません。
実際に参考書や通信講座には6ヶ月で合格を目指すものが多く出ています。

しかしお勤めをしている人など1日のうち数時間しか勉強に充てられないような方の場合は、1年以上かけて試験に挑んだ方が良と考えて下さい。

独学でも合格できますが、簡単に受かる試験ではありません。特に独学の場合は長くなる勉強期間の中で、どれだけモチベーションを維持できるかが大切になってきます。

実際のところ、行政書士試験の難易度はどのくらいなのか?

行政書士試験の難易度は、通信教育の講座などで見てみると、高めに設定されていることがほとんどです。
ではこの難易度、実際のところはどのくらい難しいということになるのでしょうか?

それは毎年の合格率を見てみるとわかります。
行政書士の国家試験は年に1回、全国の各地で開催されるので、毎週ところどころで行われているパソコン関係の資格などとは違い、統計を取るのが簡単ですからそのデータには信ぴょう性があります。

その結果過去10年程度を見てみると、行政書士試験の合格率は毎年8~9パーセントの合格率ということになっています。
年によってややばらつきはあるものの、10パーセントを超える年はほとんどありません。
いちばん合格率が高い年を見てみても、平成25年度の10パーセント強といったところです。
これはやや難しいというよりも、はっきりと難しいと言いきってしまっても差し支えない資格試験の種類でしょう。

ただし合格率がほとんど変わらないということは、毎年の出題傾向が安定しているということでもあります。
問題の奇抜な変更は近年ありませんので、行政書士試験の参考書や通信講座などのテキストも、内容が精査されてたいへんわかりやすく効率的なものが増えています。

難易度が高いということが実証されている行政書士試験ですが、チャレンジする人もたくさんいる人気の資格です。一夜漬けの勉強で受かるようなものではありませんが、良い教材で勉強すれば半年から1年の学習期間で合格を狙うことができます。